2017年08月01日

絵を描くことを楽しんで

スポーツや楽器演奏、ダンス、工作そしてイラスト描きなどなど・・・中学生や高校生だった頃、だれしもただただ楽しいから、好きだからやっていたことがなにかしらあると思います。

オトナになるにつれて興味が変わっていくこともありますが、興味はあるものの「役に立たないこと」としてそれを自分の奥底にしまいこんでしまっていることもあります。

もし貴方が中学生、高校生だった頃、あんなに楽しくノートにイラストを描いていたのなら、オトナの体裁は一時忘れて、日々忙しい日常生活だけれども、ほんのわずかの時間でも自分の思うままの好きな色彩でまたイラスト描きを楽しんでほしいのです。

絵を描く職業、イラストレーターも「仕事」にしてしまったがゆえの絵を描くモチベーションの変化との間で心の葛藤があります。
そして「お金を得られない絵、となるととたんに手が動かなくなる」ということにもなりがちです。

そんな私も自分のためだけの絵もたまには自由に描いて、以前より絵を描くことをもっと楽しもうと思うようになりました。



img281B1.jpg





posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 20:51| 散策と日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする