2017年06月29日

房総半島・レトロ駅舎巡り その六

どうにか15時21分発の電車に間に合い、館山経由で岩井駅をめざしました。

1時間あまりで岩井駅に到着です。
ずいぶん前にリニューアルされたのは知っていたのでまったく期待していませんでしたが、三角屋根が特徴的な駅舎はいまでも観光客が多く訪れる駅にふさわしい外観だと感じました。

岩井海岸は内房では珍しく長く延びる砂浜が広がる昭和の時代から名の知れた海水浴場です。
遠浅な浜辺と内房ならではの波の穏やかさで、今でも東京や関東にある小、中学校の多くが臨海学校の行き先として選ばれる「臨海学校のメッカ」とも言えるでしょう。

もう何十年前かに小学校の臨海学校で訪れた以来でもう記憶は薄くなっていました。
それでも実際現地に立ってみると不思議なものです、だんだん記憶が蘇ってきました。


通っていた小学校は1年生から6年生まで、各学年とも6クラスぐらいあって1クラスに42人はいました。
ですから全校生徒の人数が1000人を超える大きな小学校だったのですが、当時はどこの小学校もそんなもので珍しくもなかったと思います。
4年生、全6クラス合計260人あまり全員が2泊する夏休みの一大行事でした。

小学校の近くに観光バス会社があって、学校行事の遠足などもそのバス会社が一手に引き受けていました。
出発の日の朝、1クラスにバス1台、6台の観光バスが小学校正門前の道路にずらりと並んだ光景はちいさな目には壮観に映りました。
東京・板橋区から千葉・岩井海岸へ向かうのですが、当時は千葉方面の高速道路も無かったので、ずいぶん時間がかかったような・・・岩井に到着したのはもう夕方になっていました。

バスを降りて先生方の先導でそれぞれの民宿まで細い道をクラスみんながワクワクした気持ちで歩いて行きました。
たぶん1つの民宿に1クラスが割り与えられたのだと思います。
宿に到着したその日の夜からもう仲良し仲間と枕の投げ合いをして大騒ぎ、担任の先生にしかかれてしまったのも、いい思い出となって記憶の中に残っています。


駅前広場から国道を横切り、曲がりくねった細い道を進んでいくと次から次へと民宿が目に入ってきます。
どの民宿の建物も新しく変わってしまったけれど、大きなホテルや旅館がないところは昔と同じ・・・泊まった民宿も特定できなかったけれども、当時の記憶が蘇るような光景に出会えることができました。

海岸に出ると今も変わらない砂浜が広がっています。
左手に見える山の形が特徴的な突き出た御崎の風景もそのままです。
はるか遠くに見える対岸の三浦半島まで波穏やかな海原は疲れたこころをも穏やかに癒していくようです。

海原を背に歩き出す頃には、またチャレンジしてゆこうとする気持ちでいっぱいになりました。


img204.jpg



 千葉県南房総市久枝「岩井海水浴場」




posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 01:12| 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする