2016年09月22日

続・大衆酒場

場所は変わって赤羽の大衆酒場です。

私が小学生の終わりの頃まで家族で住んでいた板橋区の時代のこと、
父は一日の勤めを終え居酒屋で同僚と飲み会となると新宿駅周辺が普通だったようで、池袋駅からバスかタクシーに乗って帰宅していたようでした。

一人でプラッと酒場に寄って深夜に帰ってきた日はだいたい赤羽駅からタクシーだったようなことを母の話で知っていたのですが、「赤羽にはよっぽどいい酒場がたくさんあるのかなあ??」と子供心にも思ったものでした。


スケッチは赤羽駅前で見つけた大衆酒場「まるよし」です。
こちらはもつ煮込み、もつ焼き、そして串揚げなど揚げ物が得意の酒場で、アルコール類も生ビールにチュウハイ、サワーにホッピーと多種多様(ウィイスキーのロックもあった?かどうかは不明)です。
広くはないけれど店内はコの字配置のカウンター席がずらりと並び、大衆酒場ならではのたのしい雰囲気の中、時間が経つのもを忘れました。

キャベ玉というのがオリジナルメニューらしいのですが、その日は注文しそこねてしまいました。

img982L.jpg



 北区赤羽 「まるよし」




posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 13:10| 散策と日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする