2016年06月22日

神奈川・レトロ駅舎巡り その三

日をあらためて出かけた先はJR御殿場線の山北駅です。


小田急線に乗って新松田まで行き、そこで連絡するJR御殿場線の松田駅で乗り換えます。
松田駅もけっこうレトロな駅舎だと記憶していたのですが、いつの間にかにリニューアルされ驚いてしまいました。

御殿場線のホームでしばし列車が来るのを待ちます。
「待たされる」ということは嫌なものなのですが、時間にせかされないさんぽ旅ならば楽しむことさえできてしまうのは不思議です。

そうしていると国府津方面から列車がやってきました。
側面まで回り込んだフロントウィンドーの見慣れないオレンジ色の帯の列車に、あれっ?どこかで見かけたような列車だ??と、しばらくきょとんと近づいてくるのを見ていました。
次の瞬間、東海道線をローカル列車を乗り継いで愛知まで旅した、あのときに乗った列車と同じ車両だと気がつきました。

こんな身近なところでの思わぬ出会いに、しばらくぶりに友だちと再会できたかのようなちょっとうれしい気持ちになりました。
でもなぜ神奈川にJR東海の列車が?・・・ふと見たオレンジ色の駅名の看板に「JR東海」の文字を見つけ、御殿場線がJR東海の路線だということをはじめて知ったのでした。


たった二両編成の列車に乗り込み松田駅から二つ目の山北駅に着きました。
今は寂れてしまったけれども、蒸気機関車黄金時代は御殿場に向かう手前の重要な車両基地でした。
御殿場までの急勾配を重連の蒸気機関車が客車を引いて上っていったそうです。

駅舎は昔の面影を残す木造で、山間の駅らしくこげ茶色になった木地がとてもいい感じです。
早川駅と同じく朱色の丸ポストが印象的でした。
広々した駅前広場、そして今も残るレトロな商店とともにかつて街の賑わいを想像しながら駅の周りを歩きます。

線路脇に続く桜並木の木漏れ日のなかの道は気持ちよく、湧き水の流れる水路を横目に駅まで戻ってきました。
あとで知ったのですが、ここは桜の咲く4月は絶好の撮影ポイントで、大勢の人がカメラを据え賑わうそうです。



img940.jpg



  JR東海 御殿場線 山北駅




posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 13:05| 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする