2016年06月05日

「散歩の達人」とともに振り返る千代田の街の20年 展

先日、取材の帰り道、九段にある千代田区の図書館に寄ってみました。
それはイラスト記事の掲載でお世話になった「散歩の達人」誌の展示イベントが開催されているからでした。


「散歩の達人」誌はグルメ、ショッピング、イベント情報だけではないいろいろな視点から街散策の面白さを提案した、一般的な街情報誌とはちょっと違うスパイスが入った料理のような「大人の味覚」の首都圏街散策情報誌です。
今年で創刊20周年、その記念イベントの一つとして今回千代田区と共同企画されたのが「「散歩の達人」とともに振り返る千代田の街の20年展」です。

会場の区立図書館は地下鉄・九段駅から程近い立派な区役所の9階にあります。
展示ウォールでは「散歩の達人」誌の創刊号から幾度も巻頭特集してきた千代田区の街の月号に加え、年代順に置かれたその他の代表的な月号も手に取り閲覧できるようになっていました。
時代解説のパネル展示もされ、雑誌の20年の変遷とともに振り返る千代田区の街の20年がよくわかる、楽しめる展示内容でした。
今月25日(土)まで開催されているので、街散策がお好きな方にはぜひ足を運ばれることをおすすめします。


ちなみに私が初めて買った「散歩の達人」誌は2000年(平成12年)の6月号「柴又・堀切・水元公園」の特集号で今でも手元にあります。
その頃連載されていた「今月の組み立てフォトモ」がお気に入りで、いかにも街中らしい雑居の建物の写真を組み立てて、リアルな街の建物風景を立体表現できる記事を毎号楽しみにしていました。


・「散歩の達人」とともに振り返る千代田の街の20年 展
  3月28日(月) 〜 6月25日(土)
 千代田区立図書館 9階

 千代田区立図書館

 「散歩の達人」



2016-6-4 025.jpg




posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 12:57| 散策と日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする