2016年05月30日

ポテトフライ

「ポテトフライ」と聞いて、みなさんはハンバーガーに付くフライドポテトを想像されるでしょうか?
いえいえ、それはジャガイモを蒸して、それを一口サイズに切り、それに水で溶きねっとりさせた小麦粉にくぐらせ、パン粉をつけてカラッと油でフライにした一品です。
ウスターソースでもとんかつソースでも、シンプルなのに外はサクサク、中はもっちりジャガイモの食感がとにかくうまい!!といつも思う料理なのです。
ビールのお供にも最高だろうポテトフライ、今住んでいる神奈川県ではお目にかかれないのが残念でしかたがありません。


私は3歳から12歳、小学校6年生まで東京都板橋区という自転車でちょっと走ればすぐ新河岸川と荒川を渡って埼玉県の戸田市に行ける、そんなところで育ちました。
近くの商店街の肉屋さんのお惣菜ケースにはコロッケと肩を並べてかならずポテトフライが並んでいて、母がよく買ってきた思い出があります。

調べてみると、栃木県、両毛地域(佐野市辺り)が発祥らしく、ご当地では「いもフライ」として日常のおやつ時、食事時に食べられる、ずいぶん前からのポピュラーな料理だそうです。
佐野市には専門店もあって、竹串に3,4個刺したものをフライにするのが標準仕様で、てんぷらのようにパン粉をつけないのが標準の地域もあるらしい。
板橋で買っていたポテトフライは竹串に刺されず、皿にごろっと盛り付けるのがいもフライとはちょっと違うところです。

栃木県の「いもフライ」は埼玉県に伝わり、名を「ポテトフライ」に変え、その食文化は荒川の戸田橋を渡り、いつしか私の育った板橋でも一般的なものになっていたのでした。
いまでも板橋の肉屋さんではポテトフライを売っているのでしょうか?行って確かめたくなりました。


私の「大のジャガイモ好き」・・・どうやらこのポテトフライのおかげ!?だったようです。


img909.jpg




posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 19:49| 散策と日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする