2016年03月31日

島田の蓬莱橋

もうすぐ4月になると学校は新学期、思い出深い入学式の季節です。
そんな気持ちにさせたのは、このあいだ自分の小さい頃の写真を整理していたら、小学校の入学式のあと、校門の前の桜満開の樹の下で母と一緒に写った写真が出てきたからでした。

絵の写真館は2年前の4月初めに訪れた静岡県島田市で見かけた、いかにも街の写真館らしいお店です。
ちょうどその日が小学校の入学式の日だったのでしょうか、親子連れが写真館に入っていくのを見かけました。


ところで、島田市にはギネスにも認定されているあっと驚く建造物があるのを知っていますか?
それは街の南側に流れる大井川の広い河川敷に掛かる「蓬莱橋・ほうらいばし」という木造橋で、明治時代に対岸のお茶畑の開墾のために架けられたそうです。
木造橋としては897,4m という世界最長記録をもっていて、細い橋が一直線に遥かかなたまで続くその景観は実際に目の当たりにすると感動すること受けあいのおすすめスポットです。

私も対岸まで歩いて渡ってみましたが、広〜い河川敷、立って歩くことさえままならない強風に途中何度か立ち止まったり、風がすこし弱まるとまた歩き出し、対岸にたどり着くのもたいへんだった記憶があります。
橋の途中で後ろを振りかえれば、いままで歩んできた自分の人生を見るような、反対に前を見て進む対岸の方向はこれからの未来への希望を見るような、なにか前に進む元気がもらえる、不思議な体験ができる一度は訪れてほしい橋なのです。
もちろん風も弱く穏やかな日がほとんどですから桜咲くこの暖かなこの季節、ぜひ出かけてみてください。


こんどの朝ドラ「とと姉ちゃん」の初めの話の舞台は浜松で、強風で名高い!?この「蓬莱橋」でのロケも行われたそうです。
私がたいへんお世話になった雑誌の編集者の方がモデルのドラマです。
留学するまでの数年間でしたが毎号ご一緒に仕事をし、今は楽しかったこと、たいへんだったこと、いろいろなことが思い出されます。

215 島田市本通1.jpg



  静岡県島田市本通1




posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 01:05| 散策と日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする