2016年03月08日

築地市場内 魚がし横丁 飲食店編 その三

「魚がし横丁 飲食店編」の最後は1号館に並ぶお店屋さんたちです。


img821.jpg
スケッチ1枚目、左からまずは牛丼の「吉野家」です。今や全国で知らぬ人がいない牛丼のチェーン店ですが、ここ築地市場内が発祥に地です。開店は朝5時からですが、閉めるのも13時と早いですからどうぞご注意を!
さてそのお隣は洋食の「禄明軒」各種フライ定食が美味です。ピザとスパゲッティ料理の「トミーナ」、イタリアの国旗の配色でアピールしています。
お隣はジェラート屋さん!と思いきや、だんごの「茂助」、店内で作って店頭販売される草餅や各種だんごが好評で、すぐお客さんの列ができます。

img822.jpg
スケッチ2枚目、パンの「木村家」はコーヒーと自家製食パンのトーストにバター、ジャム、ピーナッツバター・・・とトッピングが選べる、まさにいそがしい市場の仕事人のためのお店です。まったく観光客相手のお店でないところが反対に惹かれます。
お隣に寿司の「龍」、そして印度カレーの「中栄」、寿司の「岩佐寿し」と並びます。


img823.jpg
スケッチ3枚目、中華の「ふぢの」はらーめんのお店、とくに冬の厳寒期は屋根だけの市場で働く仕事人には身も心も温まる、なくてはならないところです。
最後に2軒分のスペースをとった洋食の「豊ちゃん」です。とんかつをはじめ、各種フライメニューが大満足のガッツリなお店です。

この1号館の店の顔ぶれはずっと前から変わっていないようで、落ち着きある店ならびに好感を持ちました。



東京都中央区 築地市場内 魚がし横丁1号館


img877.jpg




posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 10:31| 散策と日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする