2015年10月31日

神田古書まつり。

ここのところ毎日、神田神保町に出かけています。
個展の会期中はちょうど「神田古書まつり」が開催されて、靖国通りの歩道は古書の回廊となります。
ギャラリーの反対側にバルコニーがあって、そこから眺めると連日、古書を求めて来られる人の多さにただただ驚くばかりです。
いまだ閉塞感が漂う現代ですが「温故知新」未来に向けて生きていくに必要な、なにかヒントになるものが「先人の知恵」中に隠されていそうです。
スケッチは神保町、靖国通り沿いの原書房。一階は易学、占い書、運命学の書籍、二階は浮世絵版画、近代の版画、和本を扱う美術店です。

img726.jpg



 千代田区神田神保町2丁目  原書房




posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 23:25| 散策と日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする