2015年09月19日

青春18きっぷ 庄内平野の旅 その六。

中一日だけの酒田滞在なのに市内散策でだいぶ時間を使ってしまっていました。
中心街にある百貨店のようなショッピングセンター「清水屋」の近くにあるレトロな食堂「よしのや食堂」で昼食。
もう時刻は午後2時過ぎでしたが、せっかく自転車を持ってきたのだから田んぼが広がる庄内平野を走ってみたいという気持ちも強くなってきました。

陸羽西線の列車の車窓から眺めていたあの風光明媚な最上川沿いの道路を走ろうと思いつき、まずは酒田駅から陸羽西線に乗って、すこし上流で最上川と合流する古口駅まで輪行です。
ここは最上川ライン下り発着所の最寄り駅なので、平日なのにタクシーの客引きの人もけっこういました。
さあ、最上川沿いに酒田まで走り出します。
新庄の方から吹きおろしてくる強い追い風を味方に快走です。
しかしこの道路は道幅がないわりには大型トラックの往来も多く、横スレスレを追い越していく漢もいて怖い思いをしました。
オートバイなら最高だったでしょうが、けっして自転車にはお勧めのコースではありません。

狩川駅の辺りから道路は最上川と離れ、最上川の土手沿いのサイクリング・ロードへ逃れることにします。
車を気にせずに楽〜な追い風を受けながら、青い空も水田も遥かかなたまで広がる庄内平野を満喫しました。
陸からの強い風は庄内平野の名物、風力発電の風車がビュンビュン回って、群れとなって立っています。
そんな役に立つ風ですが、昭和51年の「酒田の大火」ではその風が災い大惨事になってしまいました。
宿屋の主人に「大火の記録写真」を見せてもらいましたが、火は海から吹いた強い風にあおられたちまち燃え広がり、中心部の大部分が焼失してしまったそうです。

スケッチは酒田の北、遊佐の町、鳥海山裾野を流れる月光川からの鳥海山風景です。
もう日も落ちる夕方、ぜひ訪ねておきたかった、映画「おくりびと」の主人公がチェロを弾いていた、あのシーンのロケ地にたどり着くことができました。
下校途中の自転車に乗った数人のヘルメット姿の中学生に「こんにちは!」と挨拶されると、なにかとてもシアワセな気分になりました。

最寄りの遊佐駅から列車に乗ってすっかり暗くなった酒田の宿にすべり込みセーフです。
台風15号は九州を抜け温帯低気圧になって日本海へ、東北は幸い影響なく晴天続きだったのですが、風だけはだんだんひどいことになってきました。
宿のガラス戸がガタガタ音を立てています・・・宿のおやじさんの話っぷりから翌日の列車運行状況がだんだん心配になってきました。


img675.jpg



  山形県遊佐町 「月光川と鳥海山」




posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 12:11| 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする