2017年07月24日

土用丑の日

2017-8-28 004B.jpg


25日火曜は土用丑の日、今年の「ボクのみちくさ」カレンダーの7月の絵柄は「うなぎ屋さん」。

「鰻」といえば浜松を最初に思い浮かべるのですが、以前京都に出かけた際、途中下車して訪れた浜松駅近くの「うなぎ屋さん」です。
換気扇から広がる蒲焼の香りがお客さんの食欲をぐいっと掴みます。

静岡県浜松市中区田町 「うなぎ曳馬野」


■今年も「暑中お見舞いはがき」お求めになれます。
詳しくはカテゴリー「ギャラリー / 販売品」をクリックしてご覧ください。




posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 20:07| ギャラリー / 販売品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

真夏の自転車散歩

連休の一日は自転車散歩で過ごしました。

熱中症に掛かってしまうのではないかと危惧するほどの猛暑でしたが、家の中にこもっているのもいやなので思い切って外に飛び出しました。
ジリジリと射す直射日光に当たればたしかに暑いけれど、けっこう風があって流れる空気が気持ちを開放的にしてくれます。

相模川の土手は気持ちのいい遊歩道が途中まで整備されていて、河口の大きな隣町、平塚までゆっくりポタリングができるのです。
河川敷では野球やサッカーの試合をする少年たちのチームが・・・そして応援するその家族の光景がうらやましく思えました。

平塚まで途中何度かコンビニに退避して水分補給をしたのですが、あまりの過剰摂取で胃袋が水でチャップンチャップンと音をたてています。
なんでも行き過ぎは禁物なのをわかっているはずなのに結果はこんなありさま、後悔先に立たずです。

帰りは南からの追い風のおかげでスイスイと回すペダルも軽やかです。
途中お気に入りのカフェに寄り一休み・・・「正直、足は疲れ、暑さも堪えましたが、出かけてよかったなあ」と一日を振り返ったのでした。



2017-7-17 023B.jpg


■ただいまオリジナルの暑中お見舞いはがき「くじ付きかもめーる」を販売中です。
「夏のお便り」にご利用ください。




posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 21:54| 散策と日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

本屋さん

木更津市中央・書店B.jpg



  千葉県木更津市中央 「紅雲堂書店」




■今年も「暑中お見舞いハガキ」をお求めいただけます。
ご無沙汰している懐かしい人に「夏の便り」を送ってみてはいかがでしょうか。

厳しい暑さが続きそうです。
ご家族に小さなお子さん、ご高齢のご両親がいたら熱中症には十分気をつけてあげましょう。





posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 23:30| ギャラリー / 販売品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

暑中お見舞いはがき (くじ付かもめーる)の販売について

■「くじ付かもめーる」のハガキにレトロ建築物の絵を印刷した暑中お見舞いハガキをブログ上でもご購入いただけます。

4種類の絵柄がありますので、お気に入りの絵柄をお選びください。

・定価(税込み) 1枚 160円 + 送料82円
 5枚セット (組み合わせ自由) 770円 + 送料82円
 10枚セット (組み合わせ自由) 1,500円 + 送料92円

■ご購入希望の方は郵便番号、住所、氏名、電話番号、ご希望の絵柄、枚数を明記の上、メールにてご注文ください。
お支払いは銀行口座振込でお願いいたします。 (ゆうちょ銀行、スルガ銀行)

ご連絡先 ; 沼尻 泰 taille@khaki.plala.or.jp (プロフィール欄のアドレスをクリックしてください)


1)神奈川県鎌倉市材木座風景
 img232B.jpg

2)神奈川県逗子市桜山風景 森永アイスクリーム店
 img233B.jpg

3)神奈川県逗子市逗子風景
 img238B.jpg

4)東京都墨田区京島・長屋風景
 img234B.jpg








posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 14:15| ギャラリー / 販売品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

房総半島・レトロ駅舎巡り その七 車両編

内房線を走っている普通列車は首都圏向けの表情にとぼしい顔つきの電車なのであまり興味を持てません。

特急列車は?、というと房総半島の特急は内房線、東京・君津間の「さざなみ」と外房線、東京・勝浦間の「わかしお」の二つがあります。
どちらも大好きなデザインの車両とまではいえませんが、どちらかといえば「さざなみ」の方が好みです。(257系と呼ばれるそうです)
列車編成の変更に対応する運転室が貫通タイプで、より表情豊かなところが気に入っています。
願わくば、ツリ目のヘッドライトはどうにかしてほしいところです。

帰りは千葉駅から総武線快速に乗り換えると車速はぐんと上がり、一路東京駅まですっとんでいきます。
暮れ行く車窓からの眺めながら、またぷらっと頭をリフレッシュするために列車の旅に出かけたいなあと思いました。

img206B.jpg



   JR東日本 内房線 「特急・さざなみ」






posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 15:31| 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする