2017年02月25日

根っからの「塔」好き

高くそびえる「塔」を見上げるような視線が私は好きです。
それは小さかった頃の「大きなものへの憧れ」からくるものかもしれません。

鉄塔を関心を持ち始めた頃、買い求めたのが「世界中の塔」という分厚いフランスの写真集でした。
そこには人類が原始の時代から高くそびえるものに惹かれ、人間自らも造り続けてきた長い歴史が解説されていました。
はじめは岩の切り立った高山、そびえ立った奇形の岩など自然の中に祈りを込めて崇め、エジプト文明のオベリスクからキリスト教、ユダヤ教、イスラム教そして仏教などなど、いかなる宗教でも大寺院をはじめ必ずといっていいほどそびえる象徴的な塔を造ってきた歴史がありました。
見上げる「塔」の存在は宗教とは離れた近代以降でも灯台に給水塔、送電線の鉄塔に風力発電の風車、また都市部の高層建築に電波塔のように今なお人類にとって永遠の建築物であり続けるのでしょう。

反対に高いところに上って眼下に広がる景色を眺めるのも私は大好きです。
展望台に上れる塔や建物なら何でもてっぺんまで上ってみたくなってしまうのですが、なにゆえ "そんなに" 高いところに上りたがるのか・・・そういえば東京タワーやエッフェル塔が好きだった私の父親もまさしくそうだったのを思い出しました。
どうやら血筋のせいで、これはどうすることもできない性なようです。


2017-2-25 001b.jpg








posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 23:40| 風の鉄塔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

「鉄塔」への想い

ヨーロッパの道をオートバイで走っていたとき、さまざまな天候の中、いろいろな風景に出会いました。

フランスの遠く地平線まで広がる小麦畑、スペインの荒涼な台地、イタリアのオリーブ畑の丘、通り雨の後のイギリスの田園・・・いつしかそんな風景の中にポツンポツンと立ち並ぶ「送電線の鉄塔」に気づきました。

鉄塔を眺めているうちに、風景の中のひとつの鉄塔の姿が、あるときは自信にあふれ希望に満ちた自分だったり、あるときは希望を失って人生に迷っている孤独な自分自身の姿と重なり合って見えだしたのでした。

科学技術の急速な発展と同時に、さまざまな困難と矛盾をともないながら変化し続ける人間社会、
さまざまな風が吹き抜ける風景の中で送電線で互いに繫がり立っている鉄塔たちの様子に、自立しながらも繫がり助け合う理想の人間社会を投影したのかもしれません。

ほのかな光を放つ小さな鉄塔のオブジェを見つめていると、心が癒されると同時に大切なことを私に問いかけてくるのです。



img116S.jpg




posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 12:00| 風の鉄塔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

「風の鉄塔」

フランスの美術学校に留学していた頃、鉄塔の作品作りに没頭していました。

ずっとずっと前から心の奥底でひそかに暖め続けていた
この光のオブジェをまた昨年から一つ一つ少しずつ作りはじめています。

今、東京・神田神保町にある輸入雑貨のお店の棚に置いてもらっています。
カラフルな雑貨、装飾品、衣類たちに囲まれた空間で光を放っている「風の鉄塔」
もしお近くにお越しの際はぜひ見に寄ってみてください。

オッカラン
東京都千代田区神田神保町 2-26


2016-3-3 010.jpg




posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 01:16| 風の鉄塔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

雪の花

昨日の朝、2階の雨戸を開けたら目に飛び込んできた雪の花。

前日夜から降っていた雪が庭の木々の枝に積もっていました。
青く澄み切った空をバックに桜の花が早くも満開になったかのような美しさにしばらく見とれていました。

2017-2-10 008.jpg




posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 10:16| 散策と日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

運送屋さん

2月台東区浅草B.jpg



 東京都台東区浅草




posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 08:01| ギャラリー / 販売品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

近所の公園

青空が広がる穏やかな冬のとある近くの公園。
鳩がくるからでしょうか、自転車でくる小さな子を連れたお母さんたちをよく見かけます。

子育て・・・子にとっては未知への旅そのもの、そして母親にとってもまるで見知らぬ遠くの国を旅をしているかのような・・・いいえ、それ以上の、毎日毎日が新しい発見や経験の連続だろうと想像するのです。

近所の何の変哲もない公園ですが、喧騒と様々な欲で渦巻くきらびやかな都会とはまったく無縁の、かけがえのない母と子の尊い時間が流れているのを感じるのでした。

img082b.jpg






posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 00:40| 散策と日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする