2016年06月24日

神奈川・レトロ駅舎巡り その三 車両編

さて気になっていた御殿場線を走る列車ですが、調べてみると 313系 と呼ばれる電車でした。
ほかの路線では東海道線、関西本線、富士と甲府を結ぶ身延線で活躍している近郊型電車でJR東海管内では馴染み深い電車です。

運転席の大きなフロントウィンドーが側面まで回りこんだ、かつての東海道線の電車にも通じる表情豊かなフロントビューが特徴的で、ほかの近郊型電車や通勤電車のような無表情なそれよりだんぜん好きなデザインです。
またステンレス車両なのですが先頭車両と最後尾車両の運転席と車掌室の部分だけアイボリーに塗られていて、全車両の側面を流れるオレンジ色の帯とともによい配色です。

帰りの松田駅ではJR東海の特徴的なベージュ色のダブルのスーツの制服の車掌さんにも出会えて、なにか得した気分の近場の一日旅さんぽとなりました。


img941b.jpg



  JR東海 御殿場線 松田駅にて




★お知らせ
東京駅と街がつながるフリーマガジン「東京エキマチ」vol,7 に商店イラストが掲載されました。
ウェブサイトから「ビル街に残る一軒家の店」のイラスト記事が PDF ダウンロードできます。

TOKYO STATION CITY 東京エキマチ




posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 21:15| 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

神奈川・レトロ駅舎巡り その三

日をあらためて出かけた先はJR御殿場線の山北駅です。


小田急線に乗って新松田まで行き、そこで連絡するJR御殿場線の松田駅で乗り換えます。
松田駅もけっこうレトロな駅舎だと記憶していたのですが、いつの間にかにリニューアルされ驚いてしまいました。

御殿場線のホームでしばし列車が来るのを待ちます。
「待たされる」ということは嫌なものなのですが、時間にせかされないさんぽ旅ならば楽しむことさえできてしまうのは不思議です。

そうしていると国府津方面から列車がやってきました。
側面まで回り込んだフロントウィンドーの見慣れないオレンジ色の帯の列車に、あれっ?どこかで見かけたような列車だ??と、しばらくきょとんと近づいてくるのを見ていました。
次の瞬間、東海道線をローカル列車を乗り継いで愛知まで旅した、あのときに乗った列車と同じ車両だと気がつきました。

こんな身近なところでの思わぬ出会いに、しばらくぶりに友だちと再会できたかのようなちょっとうれしい気持ちになりました。
でもなぜ神奈川にJR東海の列車が?・・・ふと見たオレンジ色の駅名の看板に「JR東海」の文字を見つけ、御殿場線がJR東海の路線だということをはじめて知ったのでした。


たった二両編成の列車に乗り込み松田駅から二つ目の山北駅に着きました。
今は寂れてしまったけれども、蒸気機関車黄金時代は御殿場に向かう手前の重要な車両基地でした。
御殿場までの急勾配を重連の蒸気機関車が客車を引いて上っていったそうです。

駅舎は昔の面影を残す木造で、山間の駅らしくこげ茶色になった木地がとてもいい感じです。
早川駅と同じく朱色の丸ポストが印象的でした。
広々した駅前広場、そして今も残るレトロな商店とともにかつて街の賑わいを想像しながら駅の周りを歩きます。

線路脇に続く桜並木の木漏れ日のなかの道は気持ちよく、湧き水の流れる水路を横目に駅まで戻ってきました。
あとで知ったのですが、ここは桜の咲く4月は絶好の撮影ポイントで、大勢の人がカメラを据え賑わうそうです。



img940.jpg



  JR東海 御殿場線 山北駅




posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 13:05| 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

神奈川・レトロ駅舎巡り その二

早川駅からの列車が一気に駆け上った先で停車するのが根府川駅です。


崖にへばりつくホームに降り立つと目の前に相模湾の大パノラマが広がる展望台そのものような駅がお気に入りです。
空気が澄んでいる冬ならば三浦半島、遠くは房総半島までくっきり見渡せます。

木造の駅舎はホームよりさらに上方にあって、木造の弧線橋も味わいながら上ると改札口に出ます。
東海道本線では唯一の無人駅だそうで、降りる人もまばらですが、一年で一度、ホームが人でいっぱいになる日があります。
それは元旦、お目当ては相模湾から上る「初日の出」です。
前々から行ってみたかった私、寒かったのですが今年は満を持して早起きしました。
晴天とあってすばらしい初日の出を拝むことが出来ました。ちなみにその日は駅員さんがいたような記憶があります。
桜の咲く4月もおすすめで、こじんまりした駅前広場の桜の樹を入れた風景はすばらしく、ぜひ訪れてほしい駅なのです。

開業はお隣早川駅と同じ1922年と古く、その長い年月の間、悲しい歴史もありました。
駅舎左手の通路手前に慰霊碑があるのですが、開業翌年の9月1日、関東大震災が起こり、崖にある駅が災いして停車中の列車が駅もろとも大きな地すべりに巻き込まれ、海中に沈みました。
乗客、乗務員、地元の住人を含めてたくさんの犠牲者をだすという大惨事になってしまいました。


年に数回、訪れてしまうほどのお気に入りの駅。
絶景なるがゆえでしょうか・・・そのたびごと慰霊碑に向かって亡くなられた人の冥福を祈らなずにはいられません。


img944.jpg



  JR東海道線 根府川駅




★お知らせ
東京駅と街がつながるフリーマガジン「東京エキマチ」vol,7 にイラストが掲載されました。
ウェブサイトから「ビル街に残る一軒家の店」のイラスト記事が PDF ダウンロードできます。
また東京駅各改札口にあるパンフレット・ラックからお持ちいただけます。

TOKYO STATION CITY 東京エキマチ




posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 19:43| 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

神奈川・レトロ駅舎巡り その一

梅雨の合間の天気が良い日、神奈川県に残る、今でも現役のレトロな駅舎を求めて出かけてみました。


JR東海道線・新幹線も停車する近代的な小田原駅の次の駅が早川駅です。
改札を出ると心地よい潮風がお出迎え・・・こじんまりした駅前ロータリーにはタクシー乗り場に自転車置き場、そして小さな交番、レストラン、喫茶店などがあってローカルな旅情を搔き立てます。
神奈川県にこんなレトロな木造駅舎があったのか、と目を疑ってしまうほどのどかな駅前風景です。

建物の色は水色と白、そして屋根瓦が赤茶という、夏の晴れた日の眩しい青い空と海の色にぴったりの、海沿いの駅舎に似合う色です。
右端に立っている朱色のレトロな丸ポストも重要なアクセントとなっています。


駅前広場を出て、道路を渡って海の方へぷらぷら歩き出しました。
途中にあるレトロな理髪店を横目に・・・とすぐ、もうそこは小田原漁港・・・お目当ての食堂で満腹状態です。

さて、早川駅にもどり、東海道線の「熱海行き」普通列車に乗り込みます。
列車はそこからみかん畑の斜面を斜めに一気に駆け上って行きます。車窓からは相模湾の大パノラマが見えてきまました。
私の大好きな駅ももうすぐです。

img943.jpg



  JR東海道線 早川駅




★お知らせ
東京駅と街がつながるフリーマガジン「東京エキマチ」 vol,7 にイラストが掲載されました。
ウェブサイトから「ビル街に残る一軒家の店」 のイラスト記事が PDF ダウンロードできます。

TOKYO STATION CITY 東京エキマチ




posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 19:38| 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

東京エキマチ vol,7

「東京エキマチ」という冊子 vol,7 にイラストが掲載されました。


この冊子は東京駅とその周辺・京橋、日本橋、八重洲、丸の内、大手町、有楽町のニュース、イベント、歴史、そしておいしいお店、さんぽスポットなどを紹介する冊子で、「東京駅と街がつながるフリーマガジン」として東京駅・各改札口にあるパンフレット・ラックに置かれ無料配布されているものです。

「ビル街に残る一軒家の店」をテーマに対象地域にある現役の一軒家のお店さんをイラストで紹介することになりました。
紹介されているお店は中華料理店、あなご料理店、居酒屋、コーヒー店に天ぷら店の5軒で洋風建築あり、看板建築に和風建築ありとそれぞれ個性のある一軒家の建物ばかりです。


TOKYO STATION CITY のウェブサイトから「東京エキマチ」ページにアクセスすると、PDF のイラスト記事がダウンロードできます。大きく閲覧できようになっていますので、ぜひアクセスしてページを開いてみてください。
その他の記事も興味深いですから見てみるとおもしろいと思います。

TOKYO STATION CITY 東京エキマチ Vol7 「ビル街に残る一軒家の店」


もちろん東京駅に行かれれば、各改札口にあるパンフレット・ラックから冊子を手に入れることができます。


2016-6-9 008.jpg

2016-6-9 013S.jpg




posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 13:35| ギャラリー / 販売品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

築地場内市場散策・魚河岸中卸業者売場 その一

先日、築地市場へ出かけてきました。
築地市場を愛してやまない知人から「築地・魚河岸 中卸マップ」なるものが載っているウェブサイトを教えてもらっていたので、今度はそのマップを片手にゆっくり(もちろん中卸の人たちの邪魔にならように!!)場内を歩いてきました。

かつて日本橋にあった魚河岸と京橋にあった大根河岸が築地に移ったのが1935年(昭和10年)のこと、それから昨年で80年間、首都圏の胃袋を満たしてくれていたこの市場と中卸の人たちの活躍する場所も再び新しい場所に移る時期がやってきたようです。

今年の秋、新地・豊洲に移りますが、いろいろなことがあっただろう築地・魚河岸の長き80年の歴史を想像し、今日もそこに働く多くの人たちの活気あるいつもと変わらぬこの雰囲気に包まれながら、じっくり歩き回りました。

「さわらの西京漬け」がその日のお目当て・・・近くのスーパーではぜったい買えない国内産、身が厚くてプリップリの絶品です。


img936.jpg





posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 11:13| 散策と日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

「散歩の達人」とともに振り返る千代田の街の20年 展

先日、取材の帰り道、九段にある千代田区の図書館に寄ってみました。
それはイラスト記事の掲載でお世話になった「散歩の達人」誌の展示イベントが開催されているからでした。


「散歩の達人」誌はグルメ、ショッピング、イベント情報だけではないいろいろな視点から街散策の面白さを提案した、一般的な街情報誌とはちょっと違うスパイスが入った料理のような「大人の味覚」の首都圏街散策情報誌です。
今年で創刊20周年、その記念イベントの一つとして今回千代田区と共同企画されたのが「「散歩の達人」とともに振り返る千代田の街の20年展」です。

会場の区立図書館は地下鉄・九段駅から程近い立派な区役所の9階にあります。
展示ウォールでは「散歩の達人」誌の創刊号から幾度も巻頭特集してきた千代田区の街の月号に加え、年代順に置かれたその他の代表的な月号も手に取り閲覧できるようになっていました。
時代解説のパネル展示もされ、雑誌の20年の変遷とともに振り返る千代田区の街の20年がよくわかる、楽しめる展示内容でした。
今月25日(土)まで開催されているので、街散策がお好きな方にはぜひ足を運ばれることをおすすめします。


ちなみに私が初めて買った「散歩の達人」誌は2000年(平成12年)の6月号「柴又・堀切・水元公園」の特集号で今でも手元にあります。
その頃連載されていた「今月の組み立てフォトモ」がお気に入りで、いかにも街中らしい雑居の建物の写真を組み立てて、リアルな街の建物風景を立体表現できる記事を毎号楽しみにしていました。


・「散歩の達人」とともに振り返る千代田の街の20年 展
  3月28日(月) 〜 6月25日(土)
 千代田区立図書館 9階

 千代田区立図書館

 「散歩の達人」



2016-6-4 025.jpg




posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 12:57| 散策と日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする