2017年06月20日

房総半島・レトロ駅舎巡り その五

次なる駅舎はお隣の太海駅です。
「ふとうみ」かと思いきや「ふとみ」と発音します。

江見駅と同じ外観の改札口から切妻屋根が突き出ている外房らしい木造駅舎です。
改札口から出て駅名の看板を見上げると、なんと昔ながらの電燈とホーロー引き看板で、目がくぎ付け状態になりました。

駅前広場にはソテツやシュロの樹も植えられていていい感じ・・・雲が出てきて薄日になってしまったけれどスケッチを始めました。 

少し上がったところにある駅前広場から右に降りてゆくスロープを下ると小さな太海の集落を縫う細い旧道にでます。
たしか隣駅の安房鴨川駅も昔ながらの味ある駅舎だったはず、と思って訪れる予定でいたのですが、駅前で客待ちしていたタクシーの運転手さんに今はリニューアルされたことを知らされ、ちょっとがっかり。
まあそれならと商店が点在する太海の旧道をぷらぷら散歩することにしました。

海に近い集落の中の曲がり道を歩いていると、ふと小学3、4年生の夏休み、臨海学校で二泊三日で行った楽しかった「岩井海岸」での思い出が蘇ってきました。

もうすっかり変わってしまっただろうなあ、それとも今でも当時の面影に出会えるだろうか・・・と急に岩井の町が気になりだし、駅へと急いだのでした。


img203M.jpg


  JR東日本 内房線 太海駅




posted by Tai NUMAJIRI 沼尻泰 at 11:32| 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする